笑顔はしあわせへのパスポート 最高のお化粧、笑顔の魔法を手に入れる。
いつも素敵なワタシになるための、こころとカラダの使い方、歩き方の習慣
body

何を着てもカッコ悪いから脱出したい!「若見え」のコツはおっぱいの高さ!にあり...

胸の高さは見た目に老ける、服がかっこよく着こなせないだけでなく、いつの間にか呼吸が浅くなります。わざと悪い姿勢や猫背になって、深呼吸してみてください。全然息が吸えません。また、逆に姿勢良くと胸を張るようにして深呼吸してみてください。これは意外にも全然息が吸えませんね。

report

プライベートレッスンの感想:2020年の目標!意識(こころ)とからだのつながり...

スニーカーしか履けない。足のマメは昔からある。大股で歩けない。歩く時の足音など。足のお悩みや歩き方を改善することは、健康づくりに直結します。自然でない状態は何か滞りがある状態。その原因は実は「老化」です。いつの間にか少しずつ落ちている筋肉が思わぬところで、あなたを老け見えさせるだけでなく不健康状態に!今年はそこから脱出しませんか?

report

歩行年齢を若返らせるウォーキング基礎講座開催レポート

ウォーキング基礎講座「歩行年齢を若返らせて一歩一歩が健康になる!ウォーキングフォームを身につけよう!」歩くことを健康づくりにつなげるためには、まず自分の歩行年齢を確認し、改善策を実践。体の使い方のクセー姿勢等を修正して、身体に負担のないウォーキングフォームを身に付けることがポイントです。

walking

ウォーキングウエアの選び方!雨の日も快適に

ウォーキングをはじめたいけれども。服装はどうすればいいの?Tシャツにジャージでいいの?これから気温下がってくるし何を着れば?!のお悩みへのアドバイスです。気になるし、着てみたいけどちょっと恥ずかしいから着れないスポーツタイツについても選び方をご紹介しますね。

foot

足のアーチがない扁平足は外反母趾など足トラブルの原因に!...

足の小指の爪がない、足の小指が横に寝ている。足の指や足の指の付け根にタコがある。足が疲れやすい、足がむくむ、冷える。足の甲が凝っている。足首が固い。浮き指といわれたことがある。ハンマートゥと言われたことがある。足の小指の付け根あたりが赤く腫れている。外反母趾が痛い。足の悩みをお持ちでこの記事にたどり着いたのでは無いでしょうか?

みのわあい,beatfit,ビートフィット,アプリ,ジム,トレーナー,ヨガ,アプリ,ダイエット,健康,ウォーキング,ランニング,コーチ,フィットネス
news

音声フィットネスアプリBeatFitビートフィットのウォーキング特集!リリース...

音声フィットネスアプリBeatfitビートフィットで、私がプロコーチとして担当した初のコンテンツ「ウォーキング特集:学校では教えてくれない 美しい歩き方講座」リリース!音声=リスニングで、あなたのフィットネス、美と健康づくりをサポートします。いつもあなたの耳もとにプロコーチを!がコンセプトです。

walking

ヒールを履けば、いつまでもあなたのキレイを叶えてくれる!...

ハイヒールを履けばそれだけで、スタイルよくセンス良く、美しくなれる!それだけでなく、自分に自信を持てるし毎日が楽しくなる。あなたの味方になってくれるのがハイヒール。ハイヒールは姿勢がよくなって、ヒップアップも叶えられます。足が痛くならないコツをご紹介。

walking

心ときめくウォーキング、あなたもはじめてみませんか?

日常生活の「歩く」ことは実は、私たちにとってとても素晴らしいことなんです。体は元気になって、心軽やかになって。脳が活性化する!毎日ただ無意識に歩いているのをやめて「意識して歩く」とあなたの心がときめき、毎日が楽しくなりますよ。あなたも心ときめくウォーキングはじめてみませんか?

ハイヒール,ウォーキング,ハイヒール初心者,はじめてのハイヒール,モデルウォーク,外反母趾,歩き方
walking

開催レポート!サンダルで靴擦れしないでキレイに歩くを叶える「ヒールウォーキングレッスン」...

足が痛くなるのも、靴ずれするのも実は、歩き方が原因だったんですよ。歩き方をマスターすれば、ヒールで歩いても足が痛くなりませんし靴ズレもしません!そのためにはまず歩ける体づくり。土台になる体づくりとウォーキングテクニックの両方からアプローチするウォーキングレッスンです。

walking

歩き方を変えれば毎日がエクササイズ!!

ウォーキングフォームを見直して、日常をエクササイズに変身させたいと思いませんか? なんだかんだと毎日歩いている。運動する時間もとれないからウォーキングという目的ではないものの、アプリの歩数計は、5000歩、8000歩、1万歩。 こんなに歩い...

body

膝を守ろう!健康美のためにまず守るべき「ひざ」

膝は伸ばす曲げるしかできないのですが、30代からの下半身の衰えによって脚の歪みが生じたところに、歩いたときの衝撃(体重の約3倍以上)がかかり、さらに膝に負担をかけます。すり減った骨は元に戻りません。膝が痛くなると歩いて健康づくりどころではなく、将来歩けなくなる不安もあるのです。

report voice

[開催レポート]初めてのハイヒールウォーキングレッスンでキレイに歩く...

ファッションアイテムに欠かせないハイヒール、足もとがエレガントで華奢に。脚長、美脚もヒップアップもかなえてくれてスタイルアップするハイヒール、パンプスで足が痛くなるのはオシャレじゃない。もっと綺麗に歩きたい。足が痛くならないように歩きたいを叶えます。不安定なヒールでも体が安定して、華奢なヒールでも自分の体が軽く感じるように歩ける?!奇跡のハイヒールウォーキングメソッドです。

 
 

「笑顔はしあわせへのパスポート」
毎朝、自分の顔がどんどん好きになる最高のお化粧、笑顔の魔法を手に入れる! ~いつも素敵なワタシになるための、こころとカラダの使い方、歩き方の習慣~